So-net無料ブログ作成
検索選択

スバル

劇団昴でまた演出しております。前回の『汚れた手』とはうってかわり、今回は女優さんがたくさん出演する芝居です。『谷間の女たち』。劇団昴にぴったりな骨太な作品です。圧政下での女性たちの怒り、哀しみが痛切に描かれているので、立ち稽古に入ると一気に緊張感がみなぎります。が、それ以外の休憩時などは女優さんたちの賑やかな声が絶えないので(本当に絶えない!)、非常にバランスのよい創作現場だと思います。劇団昴のこの明るさと真面目さが私は好きなのです。
さて、今日から稽古場が変わります。実寸大の舞台セットを組んでの詰めの稽古に突入します。私のあきらめの悪さは『汚れた手』の時にすでにバレているので、ある意味、気は楽です。思う存分、粘れます!
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 1

サエ

『谷間の女たち』18日の公演を拝見しました。
女性としての思い・政治への違和感、色々と考えさせられました。対岸の火事とは思えず、何とも言えない息苦しさを感じました。
赤いステージと照明のコントラストが抽象画のように美しくて、でもそれが物語の怖さと対照的で…それぞれをより際立たせているように思えました。

機会があれば、ぜひもう一度拝見したいものです。

終演後にお話が出来て嬉しかったです。ありがとうございました。

by サエ (2015-10-19 19:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。