So-net無料ブログ作成

シズオカ

50日間の静岡滞在を終え、無事東京に戻ってまいりました。『薔薇の花束の秘密』。角替和枝さんと美加理さんによる二人芝居。どうにかこうにか、やりきりました。
上演場所は静岡芸術劇場。病院の一室という設定のわりになかなか広い劇場空間だったので、演出家として、まずはそれを攻略できるかどうかが難易度100の大問題でした。結果的に、壁などで狭く仕切らず、だだっ広いままの舞台セットにして大正解でしたが、照明プランナーの大迫さんの尽力なしにはあそこまでうまくいかなかったと思います。
そして、女優二人に襲いかかる膨大な台詞量と複雑な“役”の切り替え。これが難易度200でした。シェイクスピア劇などに比べるとそれはそれは地味な会話の連続なのですが、作者プイグが実に巧妙に物語を展開させているので、どこもかしこも重要箇所。女優二人の休みどころなんて、一切なし。二時間半、フルパワー。舞台監督の話では、休憩中に角替さんからガウンを脱がす時、バチバチッと電流が走ってきたとか。あれは静電気でなく角替さんの体内から発されたものに違いないとのこと。
加えて、難易度300だったのは、12回にも及ぶ中高生の特別観賞。彼らにとってけっして身につまされるわけでもない、この大人の女性の物語を、一体どう届けたらいいものか……慣れぬ緊張感を味わいながら、毎日、本番に臨みました。意外にも、坊主頭の中学生男子が食い入るように観てくれてたりすると、ほんとにもう嬉しくて嬉しくて、その坊主頭に頬ずりしたい気持ちになったものです。
そんなこんなで2015年の締めくくりに、とても高い山に挑ませていただきました。人混みと排気ガスの東京にいると、静岡でのあの日々が懐かしく思われて仕方ありません。原生林、星空、とろろご飯、温泉、富士山、馬、みかん(食べ過ぎ)、藤の家の女将、フクロウのいる喫茶店、美加理さんから配達される静岡新聞。今となっては、まるで夢のよう……。
静岡芸術劇場にお越しくださいました皆様、県内からも県外からも、本当にありがとうございました! ちょこっと休んでから、次は3月にお久しぶりのマクドナー作品です。劇場でまたお会いできたら幸いです。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 2

ひろこ

こんばんは。内野聖陽さんのファンです。

昨年の舞台、東海道四谷怪談が大変素晴らしく忘れられません。
それでお願いなのですが再演またはDVDの発売をぜひお願いしたいのです。どうか切によろしくお願い申しあげます。

失礼いたしました。



by ひろこ (2016-01-04 00:48) 

谷 恵梨子

本日、森さんと古川さんのイニシュマン島のビリーの講義に参加した者です。本当はお手紙をかきたかったのですが、宛先がわからなかったのでこちらにコメントさせて頂きます。
講義を受ける前は原作だけ読んで世界観をなんとなく把握して舞台を見れたら楽しいかなー位に思ってたのですが、今日の講義を受けてより具体的に歴史背景などの世界観を学べ、原作を読むだけじゃわからないだろうことが聞けて、舞台が更に楽しみになりました。
今日の講義も古川くん目当てで行ったものの笑、古川くんだけではなく森さんのお話しもとても興味深く、また、とても面白くて、とても楽しい時間を過ごすことができました!
舞台初日まであと約20日、歴史のことを調べてみたり、参考映画を見たりして、舞台を更に楽しめるよう準備して臨みたいと思います。
稽古後にお疲れのところ、講義頂き本当にありがとうございました!!
長文になってしまって恐縮ですが、最後まで読んで頂きありがとうございました。
by 谷 恵梨子 (2016-03-06 00:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。